ガジェット

【激安商品レビュー】激安の激落ちくんイヤホンもやっぱり音質が激落ちくんだった!【第2の刺客】

投稿日:2024年1月28日 更新日:

 以前紹介した激落ちくんのヘッドホンは、99円という激安価格と想像の斜め下を行く低音質に悶絶してしまい、思わずブログ記事にしてしまったのも今は昔の話だ。

激落ちくんヘッドホン
驚異的な低音質(笑)で定評の激落ちくんミニヘッドホン

 そんな激落ちくんショックの傷もだいぶ癒えた今日この頃、ふと立ち寄ったディスカウントショップの売り場に”アイツ”がいた!

激落ちくん:「おう、久しぶりじゃの!」

 そう、あの激落ちくんミュージックデバイスのシリーズは耳掛けヘッドホンだけではなかったのだ。
ヤツの名は、「激落ちくん ステレオイヤホン(カナルタイプ)」だ。

 そして、今回も例によってパッケージには激落ちくんの自信に満ちたニヒルなスマイルが……そして肝心なお値段も99円(税別)という激安価格だ。

 価格、実績、その他もろもろの事情から鑑みて、明らかに地雷と分かる商品だとは思うが、それでもあの笑顔で「さあ、買え!」と睨まれてしまったら抗う事はできそうにない。

税込み108円……買っちまった

で、買っちゃいましたよ、激落ちくんイヤホン!

 今回は当ブログの人気記事(?)の激落ち君デバイスのレビュー第2弾だ。
 いつから人気記事になったかは運営する英二六ですら知らないが、とにかく激落ちくんの顔を立てて人気記事という事にしておこう!


■激落ちくん ステレオイヤホンレビュー(外観)

 今回は、カナル型イヤホンということでパーツが小さいため、前回のような耳掛けヘッドホンに比べて激落ちくんのイラストを入れるスペースが限られている。

 さらに、ここにしかイラストを入れることが出来ないはずのところにはイヤホンの左右を示す「L」「R」の記載をしているため、全くもって激落ちくん要素が無いのだ。

ここにイラストが無いのはもったいない!

 ならば、このイヤホンのどこが激落ちくんかというのかは……

 付属のコードクリップに激落ちくんがデザインされているのだ。

唯一の激落ちくん要素!

 前回のヘッドホン側面に大きく激落ちくんのイラストが描かれて押しの強かったデザインと比べると、だいぶコンパクトに収まってしまって若干の物足りなさを感じるが、肝心のステレオイヤホンとしての性能はどうだろうか?

■激落ちくん ステレオイヤホンレビュー(サウンド)

 そして、肝心の音質はどうなのだろうか?
 ウォークマンに接続してチェックしてみたところ……

 うーん、やっぱり音が曇っていてTHE激安イヤホンって感じだが、かと言って壊滅的に酷くもない感じだ。少なくとも、前回記事でレビューした激落ちくんヘッドホンの最狂クソ音質よりは遥かに高音質だ。

良音!!(※激落ちくんヘッドホンよりは)

 低音もショボ目で、中音~高音もショボいなりにそれなりといった感じで、まさに100均で売っているイヤホンレベルの音質で、お値段相応といったところだろうか。

 ちなみに音質を100均クオリティと例えているが、最近はダイソーでも500円位のハイレゾイヤホンといった尖った商品も出ている事情から、ひょっとしたら100均界隈のイヤホンも性能が底上げされているのかもしれない。もし、100均クオリティという言い回しが失礼な表現だとしたら、100均業界にお詫びいたします。

 話を戻して、この激落ちくんイヤホンは激安商品に見合ったどこに出しても恥ずかしくないほどショボいサウンドだが、かと言って壊滅的に聴けないほどではないという実に微妙な音質だ。

 カナル式イヤホンのため、オープンやインナーイヤー型に比べると音がダイレクトに入ってきてロスは無い分、ショボさを若干カバーしているかもしれないが、やはり激安商品の音質だ。

 そんな激落ちくんイヤホン唯一の救いが「音割れしない」ところでだ。

 激安のさらに底辺を行くクソイヤホンは、普通の音量でも容赦なく音割れしてビリビリとした不快な音が出力される壮絶クオリティのため、どうやら激落ちくんイヤホンはまだその領域には及んでいないようだ。

 以前、大阪のバッタモン屋で購入したSONY風味のパチモノイヤホンは、パッケージこそなかなかのオシャレ感だったが、どうやらそこで力尽きてしまったようで、肝心のイヤホンは驚くほどの低音質で音がモヤモヤでビリビリと割れ、「こんな低品質なものが、21世紀に生き残っていたのか!」と驚愕したほどだ。

 そんな激落ちくんイヤホンを1時間ほど試聴していると、耳が慣れてきたのか「あれ?ひょっとしたら、激落ちくんイヤホン、ちょっと良い音かも?」と錯覚してくるが、ここで信頼と実績と安さに定評のあるASUSイヤホンに差し替えてみたところ、驚くほどクリアでビート感のあふれるサウンドに「あー、やっぱ激落ちくんダメだわ」と再認識する事となった。

ASUSのZenfone用イヤホンは良い仕事します!

 ASUSイヤホンの素晴らしさについては以下の記事をご参照あれ。

■激落ちくん ステレオイヤホン(まとめ)

 音楽用のステレオイヤホンを探している人は、間違いなく買って後悔するショボショボな音質だ。
 激安イヤホンなのに音割れしないところが唯一褒めたいポイントだが、それくらいしか褒めるところが無いのがこの激落ちくんイヤホンだ。

 そんなイヤホンとしての性能はアレだが、激落ちくんというキャラに惚れ込んでいる重度の激落ちジャンキーの人は買う価値がある事をお知らせしておこう。

 何と、この激落ちくんイヤホンのコードクリップは取り外しが可能なのだ!

 このコードクリップをお気に入りのイヤホンに取り付ければ、あら不思議、激落ちくんワンポイントが入った高音質イヤホンの出来上がりだ!

 実際、激落ちくんコードクリップの利便性とASUSイヤホンのクリアで全音域が適度に聴きやすいサウンドと相まって、良い感じに仕上がっているのではないかと思う。

ASUSイヤホン feat.激落ちくん

 それでは、最後に激落ちくんイヤホンの音質に感じた微妙さ加減を、歯切れの悪い言い回しでお伝えして、今回のレビューを締めるとしよう。


↑大河ドラマ「どうする家康」で服部半蔵を演じた山田孝之の声で

記事下

記事下

-ガジェット
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニンテンドーDS Liteのタッチペン収納が緩い件

【修理解説】ニンテンドーDS Liteのタッチペンがゆるくて抜けそうになったので修理してみた【ゆるペン△】

 最近、ニンテンドーDSライトのタッチペンが緩い。 タッチペンを収納した状態で本体を傾けると、ペンの先端が数センチほど出てくるようになってしまった。  現時点ではペンの先端が一部抜けるだけで完全にすっ …

【修理解説】パナソニックの頭皮エステ(ヘッドマッサージャー)EH-HM94の電池を交換してみた!【薄毛の味方】

 最近、長年愛用してきたパナソニックのヘッドマッサージャーの調子が良くない。この機種「EM-HM94」は2012年に発売されたモデルで、既に発売から10年以上経過しているものだ。  現在使用しているこ …

【鬼滅の刃】鬼退治ミニイヤホン全集中の使い方&人柱レビュー【っぽい何か】

最近、街のいたるところで鬼滅の刃グッズを見かけるようになり、それにあわせて人気に便乗した類似品も多く見かけるようになった。 先日、ケータイ関連の売り場をのぞいていたところ、あきらかに鬼滅の刃を意識した …

エレコムApplePencil・交換ペン先

【相田みつを理論】Apple Pencilの筆記音がカツカツうるさいのでエレコムのペン先に交換して、ちょこっとだけ静音化してみた【P-TIPAPY01WH】

 ApplePencilはタブレット用の手書き入力ペンとして非常に追従性が良く、気持ちよくスラスラ書ける素敵デバイスだ。  これまで非Apple派の英二六ですら、Apple Pencilのペンデバイス …

【ちょっと面倒】ニンテンドー3DSの上画面に入ったホコリの取り方

 前回の2DS上画面のホコリ除去に成功した話に引き続き、今度は初代3DSの上画面のホコリ取りに挑戦してみることになった。  ここまでに至って経緯を話せば長くなるが、この赤い3DSは自分の物ではなく、頼 …

サイドバー